ひびきてちょう

ひびきの紹介

ひびきです

『響生』設立に関して

名前に込められた思い

「響」には心に伝わるという意味が、「生」とは生活するという意味があります。私たちは、響生の利用者の方々に心が伝わる(響く)サービスを提供し、利用者の方々とそのご家族が、お住まいの地域で安心して豊かに暮らして(生活して)いけるお手伝いをさせていただきたいと考えております。

画像(301x404)

ロゴマーク・ロゴタイプに込められた思い

グラフィックデザイナー 清水真介(homesickdesign)  

 版画家のちばさなえさんとのコラボレーションということで、とても充実した仕事となりました。ちばさなえさんが描く自由な形の面白さを生かしながら、響生さんの『思い』を表現しようと、何度も話し合いを重ねながら制作を進めました。大きさ、色の異なる鳥は多様性を表しています。ロゴタイプ(文字)は音楽療法への取り組みを意識し、指揮棒の動きや、音符の形などをイメージしながら制作しました。素直で愛らしいロゴに仕上がったので、沢山の人にかわいがっていただきたいです。

版画家 ちばさなえ

 普段の制作とはひと味違った手順を踏みながらの制作となりましたが、自分の絵が自分の手を離れ別の形になること、何かに関わっていることに新鮮さを感じます。この鳥達には、響生のスタッフの皆さんや、関わるこども達はもちろんのこと、私自身の願いのようなものもこめられています。

ページ上部へ

(C) 特定非営利活動法人『響生』 All rights reserved. [Login] RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog 
サイト内検索